×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  


    

★ 「前句付け」とは、文字通り「前の句」を題材にして「付句」で応じる文芸形式です。
  これは「連句」における最も短い形式です。

★ 前句が「五・七・五」の句でしたら「七・七」の句を、「七・七」の句が前句でしたら
  「五・七・五」の句を付けてください。

★ 季語は入っていても入っていなくても構いません。
  固定概念にとらわれず、どうぞ自由な「付け」を試みてください。

  

例えば、前句を
 「ブルーベリーのパンがふくらむ」
とした会では、こんな付け句が寄せられました。

(付け句)十才の乳房の尖に朝匂う
(付け句)モナリザにヒゲを入れたら今日はオフ
(付け句)山芽吹き木々の微熱がこもる朝
(付け句)雨宿り蛙の腹が読めました

前句をどう取るかによって、それぞれ付け句のイメージは変わってきますね。
あなたならどんな句を付けますか?


「第十四回・選句」

前句「自由求めるドルフィンカラー」
投句数:55句/〆切日:2009.1.31

■投句者(15名・順不同・敬称略):真莉夫、七風姿、半七、貴夫、明美、道侠、小梅、五月、太尾、まる子、ひと枝、灰匙、哲子、かもめ、建穂

お待たせいたしました。これより選句をはじめます。以下の55句の中から一人5句までお選びください。
〆切は2009年1月31日です。

 01.楼蘭のラピスラズリに染まる夢
 02.カモメ舞ひ翼よあれが巴里の灯だ
 03.少年が笑った小川今は涸れ
 04.試着する シャツのブランド Freedom
 05.泡沫の 澱みの型を 取り寄せる
 06.時々は 母のない子の 振りを付け
 07.ケイタイもネットも忘れ夏怒濤
 08.派遣終え夜のプ?ルに深呼吸
 09.風をうけセーリングする朝焼に
 10.カーブする装甲車へとトマト投げ
 11.テーブルを林檎転がり水中に
 12.モナリザの微笑みやはり厚かまし
 13.人参を食んで壮年老齢に
 14.新体操倶楽部に夕陽巨きかり
 15.この辺り銀河鉄道あったはず
 16.桜桃買ふきのふと違ふ声出して
 17.奇峰なす夏雲に指の骨鳴らす
 18.深海で見上げる気泡の夢の中
 19.覆われし世界の狂気からジャンプ
 20.見上げれば蒼白の女神星条旗
 21.風切る帆後ろ髪ごと過去を捨て
 22.水面までほんの一瞬君と居た
 23.空のコピー切り貼り映る摩天楼
 24.視界切る眼鏡の縁に飾られて
 25.墨の間に混じらぬ色を重ねゆく
 26.あの人の羽裏にちらり雪兎
 27.拳上げクイーン歌いハイになる
 28.船がゆくカリブの海は五月です
 29.気がつけばここにいるのねアリス女史
 30.波凪いでニライカナイを月照らす
 31.ダイブして海中広がる青珊瑚
 32.虹の輪を空飛ぶ絨毯宙返り
 33.新入りのカバンの中に決意あり
 34.改札で僕のアリスを待ちわびる
 35.空中を遊泳をして重しなく
 36.その軽さ現代人よいずこまで
 37.口だけは強がり言って寂しん坊
 38.本当はコントロールを望んでる
 39.ブニュエルク自由幻想観ましたか
 40.今の人無重力にて軽きこと
 41.水底の城で一生暮したい
 42.懐かしき故郷へ帰る夏の海
 43.鮮烈なハイビスカスの髪飾り
 44.光ある海の果なるアンフェリシオン
 45.ひとすじの光と共に海底へ
 46.じゆくりと貧乏物語読破する
 47.海底に埋没林の拡がりて
 48.宝島見つけるまでの物語
 49.ブルースの霧の港に漂ひて
 50.仄白きガラスで出来たラビリンス
 51.ビー玉を月夜の海に棄てに行く
 52.歪みたるビー玉越しに見る宇宙
 53.知恵の輪を解けぬまま欠伸の少年
 54.迷宮を脱けだし難き月の影
 55.思春期の少女の見てる海の果て

以上の句の中から4句選んで、下記のフォームからお送りください。 1月末〆切です。

*選句〆切日:2009.01.31。選句は無料です。

*結果発表=本ホームページ。および『其角座四季報』

ホームページ:其角座


Powered by NINJA TOOLS